2021年5月例会

日時:5月22日(土)午後3時~5時
場所:杏林大学「井の頭キャンパス」 E棟1階101教室(※アクセス情報は下記参照)

報告者:井谷泰彦 氏(国士館大学非常勤講師)
テーマ:モーアシビからエイサーへ--沖縄における習俗としての社会教育、そしてことわざ--

モーアシビとは、沖縄の農村で行われていた結婚相手を見つけるための歌舞の宴を指しています。ヤマトでは、古代に歌垣として知られていたこの習俗は、現在でも中国西南部や東南アジアの少数民族の間に残存するといわれています。井谷先生は、 沖縄に 20世紀まで残っていたこの習俗に、社会教育学の立場から実証的に取り組まれ、その成果を『モーアシビからエイサーへ』(ボーダーインク刊、2021)として上梓されました。沖縄の文化の深層に新たな視角からアプローチする報告にご期待ください。

※杏林大学井の頭キャンパスについては下記リンクからご参照ください。
アクセス情報キャンパス情報