ことわざフォーラム2022

”ことわざフォーラム2022”を下記の通りご案内いたします。

日時:12月3日(土)午前10時~午後5時
会場:杏林大学井の頭キャンパス
※昨年と同様に、対面とリモート中継を併用したハイブリッド方式で開催します。

▼研究発表
【長谷川 スベトラ イワノワ会員】
身体語彙を扱った慣用句とリハビリテーションの関係について
【玉村禎郎会員】
ことわざのなかの仏教由来語
【髙村美也子会員】
ボンデイ語のことわざ『矢が落ちた草原が矢の場所である』は何を表現しているのか
【鄭芝淑会員】
日本統治時代の朝鮮語教科書の俚諺について

(昼食休憩)(12:00~ ことわざ学会総会)

▼ワークショップ
【尾﨑光弘会員】
近代日本における三大ことわざ辞典の由来と特色
【鄭芝淑会員】
朝鮮語のことわざ辞典について
【鈴木雅子会員】
ことわざ辞典(英語)

▼シンポジウム「ことわざ辞典とデータベース」
パネリスト:
【佐竹秀雄会員】
【星野守氏】(小学館外国語編集部部長)
【八木橋宏勇会員】

※参加ご希望の方は、対面かリモートかを明記し、12月1日までに事務局までお申し込みください。

『世界のふしぎなことわざ図鑑』

320のことわざで 世界が見渡せる 世界のふしぎなことわざ図鑑

このたび、北村孝一会員が、KADOKAWAより『世界のふしぎなことわざ図鑑』を上梓されました。
(ことわざ学会員の協力もあったということから「協力/ことわざ学会」となっています)

80の日本のことわざについて、その説明だけではなく、世界の様々な国で使用されている同様のことわざが挙げられています。

豊富なイラストにカラフルなページ、子供向けだけに簡潔な説明が大人にも分かりやすくなっています。

出版社の紹介ページをご覧ください。