第5回いろはかるたを楽しむ会(2018年5月例会)

日時: 5月5日(日)午後1時半~3時半
場所: 殿ヶ谷戸庭園内「紅葉亭」(JR中央線国分寺駅南口より徒歩2分)
お話: 加賀の「いろはかるた」(北村孝一会員)
参加費: 300円(おやつとお茶代を含む。庭園入場料は各自負担)

今回は、あまり知られていない加賀の「いろはかるた」をご紹介します。
江戸や上方のかるたとの違いを一緒に考えてみてください。
また、実際にさまざまなかるたで遊びましょう。

殿ヶ谷戸庭園は、国分寺崖線と湧水を利用した回遊式林泉庭園です。
庭園についてはこちらから。

なお、準備の都合上、事前に申込が必要です(定員30名)。
4月21日までに「お問い合わせ」をクリックしてお申し込みください。

ことわざフォーラム2017について

ことわざ学会創立10周年を記念する“ことわざフォーラム2017”は、11月25日(土)に下記の通り、開催されました。
詳細は、おってホームページ上でもご報告させていただきます。

日時:20171125日(土)10時~17

場所:杏林大学井の頭キャンパスF棟309教室(JR中央線吉祥寺駅または三鷹駅よりバス15分)

プログラム:

10:00~        研究発表
        李惠敏会員(名古屋大学非常勤講師)
        鄭芝淑会員(鹿児島大学共通教育センター准教授)
        康婧文会員(杏林大学大学院生)

11:30~         昼休憩

13:00~        ごあいさつ

13:10~        伝統芸能 講談「天明白浪伝 八百蔵吉五郎」(神田阿久鯉師)

14:00~        コーヒーブレイク(クイズ:世界のことわざ)

14:30~        ことわざ学会研究奨励賞の発表

14:45~        シンポジウム「ことわざの普遍性とお国柄」

パネリスト:楠家重敏氏(杏林大学外国語学部教授)
      武田勝昭会員(和歌山大学名誉教授)
      鄭芝淑会員(鹿児島大学教育センター准教授)
      髙村美也子会員(南山大学人類学研究所研究員)

17:00頃        閉会

行き方については、杏林大学ホームページからご確認ください。

ミニマムで学ぶ ことわざシリーズ

2017年春より、クレス出版から「ミニマムで学ぶ ことわざシリーズ」が出版されています。
すでに以下の3冊が出版されており、今後、他の言語も出版予定です。
『ミニマムで学ぶ 英語のことわざ』北村孝一著
『ミニマムで学ぶ フランス語のことわざ』大橋尚泰著
『ミニマムで学ぶ 韓国語のことわざ』鄭芝淑著
ことわざ学会会員が執筆しております。どうぞご参照ください。